旅行貯金とはなにか

旅行貯金というのは、郵便局を対象とした趣味の一つで、ゆうちょ銀行窓口で出入金をする際に、空欄となる場所へその郵便局会社の各窓口やゆうちょ銀行各支店のはんこを押してもらうというものです。別名「局めぐり」ともいい、各寺社を廻って御朱印をいただく行為に似ているといわれています。

郵便局は全国各地に点在していますから、たいていの土地にあります。旅をしている人の間ではかなり前から有名な趣味で、最近では旅行貯金そのものを趣味としている方も増えました。ゆうちょ銀行の支店や郵便局会社の郵便局は2009年12月末時点で全国に約24,000局。郵便局の数が多いということは、すべてをまわるということが不可能ということであり、休廃止や新設・改称・移転などもかなり頻繁に行われていることから、ほぼ無限に楽しめる趣味といえます。

旅行貯金は、バスガイド、ライダー、旅行者など移動を繰り返す人々の間で、その移動の足跡を記録し、記念としてはじめられました。通常何かのコレクションをするのはお金を払いつづけなければならないわけですが、旅行貯金はお金を預けなければ集まりません。そのため、たいしてお金のかからない(使わなければ逆にたまっていく)、合理的な趣味であるといえます。最近ではこうした視点から楽しみながら出来るより良い貯蓄方法として紹介されることも多く、実際、貯蓄を主目的とした人も増えつつあります。

旅行貯金で預ける金額は様々であり、100円ずつ預ける人や訪問した局数-訪局数に応じて1円ずつ増やしていく方法などがポピュラーです。100円ずつ入金している人に多いのが、全く引き出さずにそのまま貯蓄している人です。そうした人は、100局などの節目にたまったお金を定額貯金にする人もいます。

郵便局だけではなく、りそな銀行や大垣共立銀行など、一部の金融機関でもATMでの出入金の際に支店や出張所の名前が印字されます。旅行貯金をする人の中にはこれらの金融機関に口座を開設し、「旅行預金」をしている人もいます。逆に郵便局ではなく、これらの金融機関のほうをメインにしている人もいるようですが、これらの金融機関は1,000円単位が一般的なため、まだそれほど普及していません。ただ、今後メジャーになっていくと考えられています。